2018年3月15日木曜日

欲しかった本

暖かくなってくるのはとても嬉しい。
でも、
花粉が飛びまくるのは嬉しくない。

暖かくなってくるのは身体が楽になってくる。
でも、
いきなり「暑い」くらいになると身体が辛い。

人間というものは、
やっぱりわがままなのかな。(笑)


ある日のこと。
いきなり石原莞爾の「とある話」が何かの本に書かれていたはず、と思い立ち、
自分の持っていた本の中からいろいろと探してみましたが、
どうも見当たらない。
一度は読んだ本なのですが、
どうも自分が買ったものではなく、
どなたかから借りて読んだ本らしいのです。
(ふつうは自分が買ったものかどうかくらい覚えていそうなものですけどね。
いかに私の記憶が危ういかがわかります)

そういえば、それが書かれていると思われる本を
住職夫人が持っていたなと、
「石原莞爾の~あ~あの~哲人顔の写真が表紙の~~~~・・・本貸して」

それでも話が通じるところが面白いもので。(笑)

でも、残念ながら手元にないといいます。

「買う時は、私のぶんもお願い」と言われて、
ようやくネットで本を買う手立てがあることに気が付きました。(笑)


自分のおぼつかない記憶をたどりながら、
「これかも」と思われる本がありました。



今回は初めて「ブックオフ」でのお買い物。
古本を二冊購入しました。

一冊、なんと348円。
「こんな値段でいいのかしら」と思いつつ、
半分以上は喜んでいる私。(笑)

そして手元に届き、
さっそく中を見て確認したところ、
ありました、ありました♪
私が見たかった「とある話」が。

昭和七年。
石原莞爾が満洲から離れ、内地に帰還する時のお話です。

その日、各界の名士方が見送りにきたそうです。

「しかし、石原はその人々には目もくれず、見送りの人の片隅にひっそりと立っている長春花街の芸者連中を見つけると、その前に歩み寄り、彼女たちの手を握り、
『君たちには、ほんとにお世話になった。身体を大切にしてくれよ』といい、機上の人となった。あっという間のできごとだった」

この部分がなんとも大好きで。
他のことはすっぽりと頭から抜け落ちても、
この部分だけは覚えていたようです。(笑)


この本の中には「もっとも立場の弱い女性に厚意を示したのが、いかにも石原のやりそうなことだった」と書かれてあります。
石原莞爾は酒もたばこもやらず、
まして芸者遊びなどしたことなどなかったそうです。
この女性たちの辛い身の上を知っていたでしょうし、
またその女性たちにたくさんの日本人が癒された事実も知っていたことでしょう。

私は、
もしかしたら石原莞爾は常日頃から、
その女性たちに優しく接したり、擁護したりしていたのではないかしら、と思いました。
そうでなければ、
彼女たちがひっそりと見送りに行くということなどしなかっただろうと。

たくさんの人達の中から、
目立たぬようにしていた自分たちを見つけ出し、
お礼や身体の心配をしてくれたことを
彼女たちはどんなにかうれしく思ったことでしょう。


やっと欲しい本が手に入ったので、
これからは何度も読み返すことができます。
彼女たちの喜びを何度も何度も。










2018年1月29日月曜日

困った出来事

あの大雪からもう一週間。
東京の雪もまだ溶けていないようですが、
こちらもまだまだ残っています。
今日あたりはだいぶ暖かくなっていたので、
今までより雪の溶けかたが進んでいます。

こちらは雪がほとんど降ることがないので、
真っ白になっていくさまがとても美しいものと感じてしまいます。
そして、ついつい作ってしまうのが、


マンリョウの赤い実と、ススキの穂で「わんこだるま」を。(笑)

もっとちゃんとしたものを作りたかったのですが、
子供のころのように寒い中、冷たい雪をいつまでもさわっている「根性」がまったくなくなってしまっているものですから、
ちゃちゃっと作って終わり。(笑)

また今週の木曜日あたりが雪になりそうかもという予報。
都会の方々、
どうぞお気をつけてお過ごしくださいね。


先日パソコンを開いていたとき、
ふと見ると「アクションセンターからお知らせ」とありました。
何かなと開けてみると、
「ウィルスバスタークラウドが無効になっています」というお知らせ。

これにはあわてました~(◎_◎;)

よくわからないメールや、作ったことのない「楽天カード」の使用状況や、
使ったこともない「カードローン」の請求やら入ってくる今日この頃。

セキュリテイ無しでは怖くて怖くて、パソコンを使えません。

どーしたもんじゃろぅ~と、いろいろと調べた結果、
一度、ウィルスバスタークラウドをアンインストールし、
で、もう一度インストールすればよい、とありました。

ではやってみますか、と始めたのですが、
なんと「アンインストールできません」と。(◎_◎;)

えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。

それは土曜日の夕方のこと。
作業のあとだったのでお風呂を沸かして入らなければいけないし、
夜は法話会があって檀家さんたちがわらわらとおいでになるし、
なによりウィルスバスターの会社の人たちが帰ってしまうかもしれない。

このまま月曜日を迎えるまで「無効」状態とはあまりにも恐ろしすぎる。

電話が一番早いと思い、電話番語を調べようとホームページを調べましたが番号が出てこない。

あわてていたので見落としていたのかもしれません。

困った困ったとみていたら、
「エアサポート」なるものを発見。
もう~わらにもすがる思いでクリックしました。

これはつまり「チャット形式」のサポート。

困った事情を打ってからしばらくすると返信がきました。

いろいろと調べていただき、
アンインストールも、あらたに最新バージョンのインストールもあちらでしていただき、
すべてが終わったとき、
本当に救われた思いがしました。

ありがたや、と拝みたい気持ちでいっぱいでした、いや、ほんと。


さまざまな技術の発達により、
私たちの生活は確かに便利になっています。
しかし様々な危険が影のようについて回っているのも事実です。

前に「グーグルからのお知らせ」というメールがきて、
「あなたのアカウントで入ろうとした人がいます」というような内容。
「もしかしたら偽メールかな」と思いましたが、
なんと本当にそんなことがあったようで。(◎_◎;)
それも知り合いもいない「岐阜」からの侵入者。

それからはパスワードを今まで以上に訳が分からないほど長くしました。(笑)

便利で怖いネットの世界。
十分に気を付けながら、
素敵なところだけを拾って歩こうと思います。




2018年1月12日金曜日

おしょうがⅡ

おくればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いを申し上げます。

本当なら、お正月の「顔」である染之助染太郎さんばりに
「おめでとーございまーす!」と元気いっぱいに大声で言いたいところですが、
ようやく昨年からの超多忙な時期がようやく過ぎたところで、
気が抜けたせいでしょうか、
今まで以上にヘロヘロになっております。

でも痩せたりはしていないのはなぜでしょうか(笑)

お正月はお寺の子供たちも帰省し、
すると、もれなく「友達」が何人もついてきたりして(笑)、
さらなる大人数になったりしました。

でもにぎやかなのはいいこと。

よい年末年始となりました(*^^*)


来客も途絶えたある日の夕方、
子供達が「アウトレット行こうよ」という話になり、
住職は私以上にヘロヘロになっていたので「俺は行かない」と。

なかなか買い物など行く機会がない私は、
「はい。住職がお留守番してくれるなら私も行きまーす」と手をあげました(笑)

といっても、私は洋服や靴を買うわけではありません。
外の空気を吸って、
気分転換したかったから( *´艸`)


一番近いのは「酒々井アウトレット」。

 
16時半になったらイルミネーションが点灯。

 
私はこのルームフレグランスを購入。バラ系の香りということでしたが、
石鹸のような爽やかな香り♪
液体に色が着いていて、花の軸を通って数日かけて色づいていきます。

 
これは三日目。
なかなか綺麗です(#^.^#)
 
 


 
 

たまのおでかけで、すっかり元気になりました\(^o^)/


さ、明日からがんばりましょ♪



2017年9月28日木曜日

不公正なマスコミ

今朝はひどい雨でした。
せっかくの金木犀がすっかり散ってしまいました。

咲き始めは白く、芳香も強い。
少しするとほのかな香りと橙色に変化した花が、
なんとも「秋」を感じさせるのです。

もう少し楽しみたかったのですが・・・。
自然界のなすこと。
また来年の今頃を楽しみにしておきましょうか。


先日、千葉テレビで「ニュース女子」という番組が放映されていました。
しかし司会者が東京新聞の論説委員。
「左翼系の番組ならいいや」と、チャンネルを変えようと思いましたが、
なんだか少し様子が違っています。

この日は「慰安婦謝罪碑」を書き換えたということで韓国で逮捕され、
出国禁止となってしまっている「奥茂治氏」などの話で、
同じく一時出国禁止とされてしまったことのある、産経新聞社の加藤達也氏も出演していました。

また別の週では「戦後と左翼」というテーマ。
司会者の長谷川幸洋氏は出演者に意見を求める際、
「僕はもともと左翼だし、あなたもそうだったよね。
今はあなたも違うけど、左翼がどんなふうに考えているかがよくわかっているでしょう」といった切り口。

もともと左翼だった人たちが作っているなんて、これは面白い番組だなと思いました。

この番組で出演者が一様に言うことは「偏ったマスコミの姿勢」。
憲法改正や慰安婦問題、また加計学園問題の国会での証人喚問などについて、テレビのニュース番組でも多くの新聞社でも、常に偏った報道姿勢であるということでした。
 
そういえば確かに安保法制が決定される時、国会議事堂の前では多くの反対デモが行われており、どのテレビ局もこぞって反対する人たちの映像ばかり流していました。観ている側としては「こんなに多くの人たちが反対している。安倍政権がやろうとしていることは戦争につながるのかもしれない」という印象を持つ人は多かったと思います。
 
この時、主催者側は「十二万人」という数字を提示したそうですが、当時、もてはやされた「シールズ」という学生団体の発表では「三十五万人」だと言っていました。しかし警察関係者によれば「三万三千人」という数字。
多くの報道番組では「主催者側の発表では」と前置きして多い方の人数を述べていました。またあちこちで「安保法制賛成」という集会が行われていたにもかかわらず、それを報道するマスコミは皆無に等しいものでした。

今回の加計学園問題の国会喚問でも同じようなことが指摘されていました。四国の獣医学部新設について、どうしてその学部が必要なのか、総理の意向が働くまでもなく加計学園に決定した経緯などがきちんと説明されていたにもかかわらず、それを報じないマスコミばかり。
いくら国会という公の場で説明をしても、国民に伝えるマスコミが都合の悪いところを削除してしまうから、真実がまったく国民に伝わってこないのです。結局国民の多くはよくわからないまま、不信感だけがつのっていく、そのようになっているのが現状です。
 
もうお亡くなりになってしまいましたが、師匠の知人にある弁護士さんがおられました。この先生がある事件を担当していた頃、その事件について某テレビ局からどうしてもお願いしたいという依頼があり、インタビューを受けたことがあったそうです。先生は誠意をもってそのインタビューに答えていたそうなのですが、いざ放映となった時、先生の真意とはまったく逆の編集になっていたそうです。
 
「僕が言いたかったことがすべてカットされ、あとはインタビューの中の部分部分をつなぎあわせただけ。内容がまったく違うものになっていたんだ。もう絶対にテレビ局のインタビューなんて受けない!」と、
非常に憤慨しながら話されていたことを覚えています。

マスコミは、司法・行政・立法の三権と並ぶ「第四の権力」と言われるほど大きな力があると言われています。元愛媛県知事の加戸氏は今回の証人喚問の参考人として「僕はもともと文科省におり、霞が関に約三十年くらいいたけど、マスコミと闘って勝てた政治家はいない」と発言されていました。それほどその大きな力は国民に大きな影響を与えるということです。現在、朝日新聞、毎日新聞をはじめ日本の国益を損ねるマスコミが多く存在しています。今まで話しましたように国民が国や政権に対して「悪意」を持つような印象操作をしたり、またインタビューをしておきながら本人の真意をねじまげた放映を平気でしています。「公正」をモットーとしなければならないマスコミが「不公正」に徹し、日本を貶めていくその姿はまことに異様としかいいようがありません。


幸いなことに、現代の若者はテレビよりもネット。
印象操作された番組ではなく、
実に様々な情報を得ているようです。

今日、衆議院が解散しましたが、
今度の選挙ではいったいどのような結果が出るのでしょうか。

偏向マスコミに左右されず、
ほっと安心できる結果が出ることを願ってやみません。




 
 

2017年8月16日水曜日

覚えのない記憶

今日も雨。
そして非常に涼しい日が続いています。
長袖を羽織らないと肌寒いほどです。
でも来週はまた夏が戻ってくるとか。
涼しい日に慣れてしまうと、
30℃超えはかなりきつく感じてしまうことでしょう。
みなさまも寒暖差から体調を崩さないよう、
お気をつけて過ごして下さいね。


先日、寺院で檀家さん対象の、
毎年恒例「夏期講習会」が行われました。
もう41回目を数えます。
8月11日から14日まで、
仏教のほか、さまざまなお話をしたり聞いたりして学びます。
ずっとお勉強ばかりでもなく、
みんなで車に乗り合わせて博物館へ行ったり、
ほかの寺院の見学に行ったり。
あとは映画を観たりもします。

「氷雪の門」(樺太真岡の9人の乙女たちの話)
「プライド」(東条英機)
「海難」(トルコとの合作。エルトゥールル号の話)
など、今まで観ました。

今年は何にしようかとみんなで考えました。
最初は「杉原千畝」にしようかという話だったのですが、
いろいろと調べていくうちに観たくなった映画が出てきました。

「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」という映画です。

サイパン島でたった47人で民間人を護りつつ、
数万のアメリカ兵を翻弄した「大場栄大尉」の話だということでした。
そして最後、どうにもならなくなった時、
玉砕する隊が多かったなか、
大場大尉はみんなを引き連れて投降しました。
その時、ずっとゲリラ戦だったためボロボロの隊服を着たままでしたが、
投降した時のこぎれいな身なり。
一糸乱れぬ隊列。
そしてアメリカ将校に自分の刀を渡す時の儀礼。

最後まできちんとした日本兵たちの姿に、
「こんな民族と自分たちは戦っていたのか」という気持ちが湧き上がっていたのではなかったでしょうか。

あらすじを見て観たくなった映画でしたが、
内容的には、少し物足りなさが・・・。

ただ、映画の内容とは別に、私は不思議な感覚にとらわれました。


私は小さい頃、
なぜかよく戦争の夢を見ました。
その夢の中の情景と今回の映画の一部の場面が重なっていたのです。

映画の中で日本人が収容されていた建物の周りには鉄線がはりめぐらされていました。
私は今まで「せいぜい2メーターくらいの鉄線の塀」だと考えていましたが、
2メーターどころの話ではなく、その倍以上はあろうかと思うような高い高い鉄線の塀。

それは夢の中に出てきたものとそっくりでした。

私はとても高い鉄線の塀の近くをなぜか地面に這いつくばりながら進んでいます。
塀の向こう側には私と同じように這いつくばりながら進んでいる沢山の女性、子供、老人の姿。
「なんで私はこっちに一人なんだろう」と思いながら、
みんな同じ方向に向かっていきます。

夜なのにみんなの顔が分かるくらい、進む方向の空が真っ赤なのです。
私達の進む先では爆弾が破裂し、建物や木々が焼けているようでした。



映画に話しを戻します。

砂浜に両国の兵隊の沢山の死骸が横たわっていました。
その場面も夢に出てきました。

夢の中で私は一人で小高い丘の上にいて、
真っ青な海と真っ白な砂浜を見下ろしています。
そこには海に足を向けて綺麗に2列に並んで横たわっているたくさんの兵隊さんたちの死体。
それが砂浜に延々と続いているのです。
つぎの瞬間、
私は砂浜を歩いていました。

悲しいとも辛いとも、
怖いとも気持ち悪いとも思うことなく、
美しい砂浜に綺麗に並んだ死体の間を通って、
どこまでもどこまでも歩いていく。
そんな夢でした。


私は昔、師匠にこんなことを聞いたことがあります。
「私は前世、どんな時代にいたのでしょうか」と。
すると師匠は、
「けっこう我慢強い人間だから、戦前戦中あたりじゃないか?」と答えました。

今回の映画を観て、
「本当にこの時代にいたかもしれない」という気持ちがとても強くなりました。
それもこの日本ではなく、
南国の島にいたのかもしれないと。


昨日は72回目の終戦の日。
今生では覚えのない記憶が呼び覚まされたのは、
もしかしたら何か理由があるのかもしれませんね。





2017年8月4日金曜日

ニュースを観ていて

真夏のような暑さが続いたかと思えば、
肌寒いほどの日もあったり。

それでも自然界はいつも通りに過ごそうとしています。

先日は、百日紅の花が咲き始めました。
ありんこたちは、一所懸命にエサ探し。
一枚の大きな羽だけが動いているので「なんだろう」と目を凝らしてみると、
小さなありんこが懸命に運んでいる真っ最中。
自分の体の何倍あるかわからないくらい大きなものでも、
彼らは運んでいる。

でも私もその姿に少しばかり心配してしまいます。

「・・・巣穴にはどうやって入れるのだろうか・・・」と。(笑)



みなさんご存じのことと思いますが、
昨日、築地場外で火災が発生してしまいました。
七棟焼けてしまいましたが、
けが人などがおられなかったのは不幸中の幸い。
懸命に消火作業にあたられた消防のみなさんも、本当にお疲れさまでした。

火元と言われている「ラーメン井上」。

実は私もその昔、食べに連れて行っていただいたお店でした。
その頃はご主人が一人でお店をきりもりしていて、
いつもいつも忙しいお店でしたが、
ご主人は疲れた様子も見せずに、笑顔でお客様に接していたことをよく覚えています。

作業台には細かく刻まれたカイワレ大根や長ネギがいつも山になっていて、
普通のラーメンなのにチャーシューが何枚も入っていて、びっくりしました。

それはもう35年以上も前のお話。
今はどのようなラーメンかはよくわかりませんが。


胸が痛くなる思いでニュースを観ていました。


近頃は、まことに胸の痛む事件や事故が多いですね。
そんなニュースを観ているとき、
事件や事故の内容ではなく、
非常に気になっていることがあります。

事件、事故の当事者が大変な思いをしているときに、
なぜ野次馬方は(失礼)平気でスマホで撮影などしているのかしら、と。
たしかにニュース番組で視聴者からの動画などがいち早く報じられ、
それによってよく理解できることなどはあります。
でも、報道局のテレビに映っている現場に居合わせた人々の多くが、
スマホで一所懸命に撮影している姿を観ていると、
なんだか胃がむかむかとしてしまいます。


よく師匠が、
「近くで火事などがあると、みんな飛んでいくよな。でもすぐ鎮火したりすると、
『なんだ、もう鎮火か』とか『ぼやだってよ。つまんねー』っていう人がいるんだ。
なんでぼやで良かったって言えないんだろうな。
自分の家が火事になっても、そんなこと言えるのだろうか」
そんなお話をします。

自分の家が火事になって、
のんきにスマホで撮影する人っているのでしょうか。

「自分がその人の立場だったら、どのように思うか」

相手の身になってもっともっと考えてほしいと、
思うばかりです。






2017年6月22日木曜日

ヤーソウ&スーニャン(おじさんとおばさん)

雨に打たれる紫陽花はほんとうに美しく感じられます。
木々の緑も深くなり、
雨に洗われてとても艶やかです。

若いころは「蒸し暑くうっとうしい」とおもうばかりでしたが、
今は梅雨は梅雨なりの良さに心癒されています。


先週始めから約十日間、
中国人の知人が奥様とおじさん夫妻をともなって上海から来日しました。
知人は仕事のための来日予定だったのですが、
おじさん夫妻も「日本に行く」ということになり、
観光もかねての来日となりました。

知人は日本語ペラペラ。
奥さんは挨拶位の日本語と英語て゛。
でもおじさん夫妻は日本語も英語もできません。
知人なしでの会話はまったく通じないのです。
十日間のうち寺院に泊まられたのは四日間。
それでも不思議なことに、
なんとかなるものです。(笑)

山中湖に一泊したほかは、
東京での宿泊。
それも中国で「泊まってはいけない」とされていた「アパホテル」です。(笑)


「ボクにはかんけーないから」と知人は言っていました。(笑)

「でもよくとれたね」と住職が聞くと、
親戚が海外に住んでいるので、そちらからとってもらったとのこと。

「やっぱアパホテルは安いよ、ほんま」と、
たまに関西弁が飛び出しながら話していました。
(以前、関西での仕事がおおかったそうで、すっかり関西弁がうつっていました)


おじさんおばさんは80歳近い年齢でしたが、
かなりパワフル。
初めての日本でしたが、
疲れを見せません。
おじさんは中国のとある研究所の所長をされていたそうです。
定年後は住む場所を国からもらい、
また電車やバスなどの乗りものはすべてただなのだそうです。

「日本はどうですか」と
知人に聞いてもらってところ、

「日本はゴミが落ちていない。とても綺麗な国だ。そして空が綺麗だ」

おじさん夫妻はそのように話していました。

上海は晴れていても空が煙っているようだとのこと。
日本の空は綺麗な青空。
全然違うようです。

私はまだ日本から出たことがありません。
外国人から見た日本の良さは、
私達日本人にとってみれば当たり前に思っていたことが多いように思います。

でも、あらためて日本の良さを知ることは、
今の日本人にはとても大切なことだと思います。


帰り際、
おじさんもおばさんも、満面の笑顔でハグしてくれました。

初めての日本。
好きになってくれたかしら。